読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4月2日の日本経済新聞一面トップに「アップルが買収交渉、ルネサス半導体

4月2日の日本経済新聞一面トップに「アップルが買収交渉、ルネサス半導体子会社」という見出しの記事が出た。その日は、この真意を問う質問をよく受けた。 シリコンiPhone7ケース半導体子会社とは、ルネサスが55%、シャープ25%、台湾Powerchip Groupが20%を出資して設立された液晶ディスプレイ用のドライバICを設計・製造しているルネサスエスピードライバ社のこと。 ルネサス本社は、即日「(省略)、報道されている内容は、当社が発表したものではありません。 エルメスiPhone 6ケース当社およびルネサスエスピードライバは更なる成長の為、譲渡を含む様々な検討を行っておりますが、現時点で決定した事実はありません」というプレスリリースを流している。 面白いことに市場は素早く反応し、2日は前日比150円高の934円まで高騰した。 エルメス iphone7ケースアップルという最高のお客に買ってもらえることが決まり、まるで株価を釣り上げるためにこの情報が伝わったかのようだ。 株式市場はさておき、この話がなぜどこから出てきたのか、想像力を働かせて考えてみよう。 超人気iphone7ケースこれからの話はあくまでも想像力を働かせたものだ。まず、この話が事実とすれば、アップルによる買収は成立しないことは火を見るよりも明らかである。 iPhone6ケース理由はいくつかある。まず、アップル側から見ると、ルネサスSPを買うメリットが何もない。 エルメス iphone7ケース液晶ドライバICはそれほどのハイテク製品ではなく、液晶の1画素を動作させるだけの駆動回路にすぎないからだ。このようなドライバICは、市販で購入できるコモディティである。 エルメス iphone7ケース画素数が求めるものと違うのなら、欲しい画素数のドライバをICメーカーに発注すれば済むだけだ。 次に、アップルは、このニュースが日本で流れた途端、「ルネサスは信用できない」と思ってしまうからだ。 超人気iphoneケース買収交渉は、絶対に外部に漏らさない秘密裡に行われるものであり、成立する前に漏れると、秘密を簡単に漏らすような相手だとして、信用されなくなる。特に、外国企業とのやり取りは、絶対に秘密厳守だ。 超人気iphone7ケース ところが、日本企業の経営層や霞ヶ関上層部は、ドメスティックなやり方しか知らない。外国企業との交渉にも、日本的な事前リークによって既成事実化してしまおう、という古いやり方だ。 iphone7ケースいまだにこの手法を使っていることに呆れてしまった。日本企業同士の合併ではよくある手だ。 iPhone6ケースとにかく先に既成事実化してしまうことが勝ちだとばかりに新聞記者にリークする。企業内の権力争いの場合でもこの手をよく使い、次期社長などをリークして新聞に流すのである。 iphone7ケース社長のイス争いをしている場合にはよく使われた。もちろん、当人は知らぬ存ぜぬで通す。 iphone7ケース こういったやり方は日本国内では通用したが、海外企業との交渉中では100%失敗する。富士通は三重工場を台湾の半導体大手TSMCに買ってもらおうと、新聞に発表したものの、TSMC側は全く反応を示さなかった。 ルイヴィトンiphone7ケースこの場合は正々堂々とプレスリリースでもTSMCとの話し合いをしていると述べている。ルネサスが山形工場をTSMCに買ってもらいたいときでもTSMCに先駆けて新聞に情報を流し、失敗した。 超人気iphone7ケースTSMCからすると、本気で買収交渉をしているのなら、秘密を漏らす相手とは組みたくない。信用できない。 超人気iphoneケース東京エレクトロンとアプライドマテリアルズの合併のニュースは、秘密裏に行われ、成功した。 話を元に戻そう。 超人気iphone7ケース第三に、アップルは総じて外部に情報を漏らさないように情報を管理する企業である。スティーブ・ジョブズ氏が死去した後のお別れパーティのアナウンスはメディアにさえ流さなかった。 超人気iphone7ケース偶然、前日スタンフォード大学構内を歩いていた時にそのアナウンスを見つけたが、内輪で行うことが書かれていた。もちろん、招待状を持たない人間は会場へは入れてもらえない。 ルイヴィトンiPhone6ケース アップルの内情を暴露した人間が訴えられたことも多い。だからこそ、ちょっとした噂話を流す、AppleInsiderというウェブがよく見られている。 iPhone6ケース香水風新製品発表の日を報道関係者に知らせただけでもニュースになる。iPhone 5Sの発表の時がそうだった。 シリコンiPhoneケースアップルはApple Developers Conferenceのような正式発表の場やニュースリリース以外では決して発表しない。Googleもそれに近い。 超人気iphone7ケースこの意味で、今回の事件は、事実であればルネサスがアップルに訴えられるリスクもありうる。賠償されるリスクも覚悟しておく必要もあろう。 シリコンiPhone7ケース では誰が漏らしたのか。日経のニュースには、ご丁寧にシリコンバレー発のニュースのように扱っているが、無意味だ。 iphone7ケースルネサスSPの関係者ではなかろう。そうならばルネサスから叱られるからだ。 iphone6ケースではルネサス本社か、その事実を把握できる立場にある霞ヶ関か、ということになる。さもなければ、ルネサスの親会社(日立、NEC、三菱、産業革新機構など)も考えられる。 シリコンiPhone7ケースルネサスがすぐに上記のプレスリリースを流したということは、広報部が知らなかったということを意味する。漏らしたのは広報以外のいずれかであろう。 シャネルiphone7ケースそんな犯人捜しはどうでもよいかもしれない。 ルネサスはこれまでもリストラを繰り返してきた。 iPhone6ケース工場閉鎖、売却、早期退職、あらゆる後ろ向きの手段を講じてきた。ルネサスSPが作る液晶ドライバというコモディティ製品の工場もさっさと売ってしまいたい。 ルイヴィトンiPhone6ケースもちろん設計アーキテクチャやサービス、ビジネスモデルに力を入れるアップルにとって、工場を買う必要もメリットもない。ましてやコモディティ製品はどのメーカーに頼んでも作ってもらえる。 ルイヴィトンiPhone6sケース 日本の企業経営者や官僚はもっと国際的な感覚とビジネスルールを知ってほしい。そして売却やM&Aを視野に入れた戦略を進めるのであれば、外国企業の社長同士の会やパーティ、ディナーにぜひ顔を出し、1対1でとことん話し合ってほしい。 グッチiPhone7ケース米国は、腹を割って話ができる日本の経営者を求めている。新聞記者への安易なリーマイクロソフトの新CEOに就任したサティヤ・ナデラ氏が、就任後はじめての大規模なプレスカンファレンスを27日、サンフランシスコで行った。 ルイヴィトンiphone7ケース 記者会見を行うナデラ氏 記者会見を行うナデラ氏 この記者会見でナデラ氏が表明したのは、昨年来、前CEOのスティーブ・バルマー氏が表明してきたマイクロソフトの「トランスフォーム」を確実に実施するための具体的なプランだった。マイクロソフトはソフトウェア・パッケージを売るビジネスモデルから決別し、新たなビジネスモデルを確立すべき大胆に動いている。 iphone7ケース この講演後、もっとも大きな話題となるのは、Office 365ユーザー向けにiPad版Officeの提供が開始されたことと、iPad/Android版Officeが無償化されることだろう。実際、iPad版Office提供の噂が出始めて以降、マイクロソフトの株価は上昇している。 iPhone6sケースグッチ しかし、”iPad版のOfficeが出た”ことは、マイクロソフトが新たなビジネスモデルへの転換を始めた結果起きている事象のひとつにしか過ぎない。 注目はiPad版Officeではなく、それが提供される背景 iPad版Word iPad版Word iPad版Excel iPad版Excel iPad版PowerPoint iPad版PowerPoint マイクロソフトが目指しているのは「デバイス&サービスの会社」への転換だ。 超人気iphone7ケースその一環として、看板商品のひとつであるOfficeはソフトウェアパッケージから、月々の支払で利用する購読型製品への転換を図り、ソフトウェアとクラウド型サービスを一体化した製品へと変貌した。 iPad版Officeはその副産物として生まれたものだ。 シャネルiphone7ケースパッケージ製品ではなくサービスならば、いつ、どこでも、どんなデバイスからも”Office”との接点を持てる方が、製品としての価値が高まる。Officeがパッケージ販売という従来のパラダイムから抜け出し”サービス”となった象徴がiPad版Office。 シリコンiPhoneケースこれをマルチプラットフォーム化の一環として捉えると、彼らの戦略を見誤る。 「マイクロソフトのクラウドは、モバイルデバイスをクラウドとの接点としてあらゆるデバイスと繋がる。 シリコンiPhone7ケース現代においてユーザーはひとつのデバイスではなく、多様なデバイスを組み合わせて使っている」とナデラ氏。 また、昨今はBYOD(Bring Your Own Device:個人保有の携帯用機器を職場に持ち込んで業務に使用すること)が一般的になってきており、多種多様なデバイスを使って生産活動を行う中で、持ち込みデバイスが使われることも少なくない。 超人気iphone7ケース クラウドを中心に、あらゆる製品を再配置、再設計し、クラウドを前提にモバイルデバイスを含む利用者との接点を作っていく。これがマイクロソフトに基本的なやり方だ。 超人気iphone7ケースWindows AzureからMicrosoft Azureへと名称変更が行われたクラウドサービス、Officeのサービス化、それにノキア買収や自社製ハードウェアへの注力など、あらゆる歩みは”新しい会社”への変化の過程で起きていることに過ぎない。 「コンピュータ業界は変わった。 シャネルiphone7ケース半導体技術の進歩などがコンピュータを大幅に小型化した。さらにタッチパネルUIに代表されるように、ヒトとコンピュータの関わりが大きく変化し、世の中の情報は容易にデジタル化可能になっている。 超人気iphoneケースまたユーザー、デバイス、アプリが協調することで、クラウドが大きな価値を持つようになってきた」とナデラ氏はいう。マイクロソフトの戦略は、こうした変化に対応したものなのだ。 ルイヴィトンiphone7ケース この記者会見でナデラ氏がiPad版Officeを発表したのも、強力な競合相手でもあるアップルの、しかもマイクロソフトのドル箱であるPC市場を侵食していると言われるiPadを引き合いに出すことで、”デバイス&サービス”の会社に変わることを強調したかったからに他ならない。